2021年04月28日

お役立ちコラム 外壁塗装 52.外壁塗装で使用する「光触媒塗料」とは?

外壁塗装の中でも「光触媒塗料」とはどのような塗料なのか、その特徴やメリット、工事を委託する際におさえておきたい注意点についてご紹介します。

光触媒塗料とは、TOTOが開発した自然の力によって汚れを落とすことができる特殊な塗料です。セルフクリーニングが可能であるため、できるだけ外壁をキレイな状態に保つことができます。
太陽の光で汚れを壁から浮かせて分解し、その汚れを雨が洗い流してくれる仕組みです。TOTOが開発した光触媒塗料「ハイドロテクトコート」は2017年に生産と販売を停止し、現在はあまり使われることがなくなりましたが、近年は光触媒の技術が応用され、菌やウィルスの繁殖を抑制する効果が期待されていることから、コロナ撃退に効果的だとして再び注目が集まっています。

光触媒塗料は、次のようなメリットがある塗料です。

コロナ対策に活用されている

光触媒塗料は太陽光に化学反応する塗料です。実際にコロナウイルスに対する影響を調べた実験では、塗料に含まれている物質が太陽光や照明の光に当たった際に化学反応を起こしたと報告されています。これによりコロナウイルスが感染力のない形に変形するので、コロナ対策に役立つのではないかとして注目されている塗料です。

防汚性に優れている

セルフクリーニング効果があることから、それほどひどくない汚れなら雨により自動的にキレイになります。特に頻繁に掃除するのが難しい外壁の塗装などに適している塗料です。

高い耐久性を有している

通常の塗装よりも工程数が多くなるため、耐久性を高めることが可能です。メンテナンス頻度を抑えることにもつながります。

空気清浄効果が期待できる

光を浴びた光触媒塗料からは、大気汚染物質を分解する活性酸素が発生します。これにより外壁周辺の空気をキレイにする空気清浄作用が期待できます。

とても魅力的な働きをする光触媒塗料ではありますが、実際にこの塗料を使用して工事を委託しようと考えているのであれば、デメリットについてもおさえておくことが大切です。代表的な注意点としては以下の3点が挙げられます。

屋根用の塗料は存在しない

外壁塗装をする際に一緒に屋根の塗装も行う方が多いのですが、光触媒塗料には屋根の塗料が存在しないので、屋根と外壁の塗料は別のものを選択することになります。屋根の塗装で耐用年数が異なる塗料を選択した場合には、次回のメンテナンスの時期が外壁と屋根で異なることになるので、この点に注意が必要です。

他の塗料と比べると値段が高い

光触媒塗料の平米単価相場は4,200~5,200円ほどとなっており、ウレタン系やアクリル系、シリコン系などと比べると値段が高いです。特に外壁面積が広い場合は費用についてよく確認しておくことをおすすめします。

色のバリエーションが少ない

光触媒は酸化チタンが主成分です。酸化チタンは白色で、濃い色にするのは難しい性質を持ちます。そのため、淡い色や薄い色は選択できますが、濃い色を選ぶことができないので、色のバリエーションが少ないのがデメリットです。

外壁塗装する前によく検討を

光触媒塗料は様々なメリットがありますが、同時にデメリットもある塗料です。だからこそ近年はほとんど使われることがなくなってきたので、外壁塗装に光触媒塗料を検討しているのであれば、事前に特徴などについてよく理解しておくことをおすすめします。
業者間とのトラブルについても報告されているので、専門業者に依頼する際には必ず実績があるかどうかを確認したうえで検討すると安心です。

「外壁塗装で使用する「光触媒塗料」とは?」について説明をするお役立ちコラム。 BXゆとりフォームの屋根外壁相談窓口は、「外壁塗装」「屋根リフォーム」の専門サイトとなります。 外壁塗装・屋根リフォームについての「施工内容」「費用相場」「費用の算出方法」「施工事例」はもちろん、外壁塗装・屋根リフォームについての「お役立ちコンテンツ」、その他、実際に外壁塗装・屋根リフォームを検討されている方向けにチェックポイントや、お見積もりについてのコツなど、専門店の目線で外壁塗装・屋根リフォームについて紹介するサイトです。 東京・神奈川・埼玉・千葉で累計38万件以上の施工実績。東証一部上場文化シヤッターグループのBXゆとりフォーム。
  • 「水回り・内装」リフォームの情報・ご相談ならBXゆとりフォーム公式サイトへ「屋根・外壁・板金」リフォームの情報・ご相談ならお任せください! BXゆとりフォームの屋根・外壁リフォーム相談窓口はこちら